tarl

「見巧者」になるために:クロスレビュー

発行日│2011.03.30

批評家・レビュワー養成講座の課題で取り上げたイベントのクロスレビューをウェブマガジン「REALTOKYO」に掲載しています。

「REALTOKYO」発行人兼編集長の小崎哲哉をコーディネーターとして実施 した批評家・レビュワー講座「『見巧者』になるために」の課題で取り上げたイベント「HARAJUKU PERFORMANCE+2010」のクロスレビューをウェブマガジン「REALTOKYO」に掲載しています。

クロスレビュー

・「パフォーマンス」の現在(池田剛介)
・和太鼓-テレビ/奇妙な身体??Open Reel Ensembleについて(大山エンリコイサム)
・ジャンル横断の可能性??『HARAJUKU PERFORMANCE + 2010』と山川冬樹(友川綾子)
・テクノロジーと身体の関係性??山川冬樹のパフォーマンス(森田理紗)

イベント概要

HARAJUKU PERFORMANCE + 2010
日程:2010年12月22日〜23日(本レビューは22日公演が対象)
会場:ラフォーレミュージアム原宿