tarl

NEWS│2017.09.27

公開講座「アートプロジェクトの今を共有する」第2回開催!

9月から始まった、思考と技術と対話の学校 公開講座「アートプロジェクトの今を共有する」の第2回を10月12日(木)に開催します。今回のタイトルは、「集まれアートマネージャー!~音楽と美術、芸術と生活のあいだの祭典『札幌国際芸術祭2017』の試みを紐解く~」。ゲストは、プロジェクト・コーディネーター/札幌国際芸術祭事務局マネージャーの細川麻沙美氏です。同氏は札幌国際芸術祭に初回から関わっていることから、芸術祭の実情や変遷を知る方ならではのお話も伺う予定です。また、芸術祭やアートプロジェクトに携わる話題提供者を募り、それぞれの取り組みの特徴や、みどころについて話し合います。

2017年も、ヨコハマトリエンナーレや北アルプス国際芸術祭、札幌国際芸術祭、六本木アートナイトなど、実に様々な芸術祭やアートプロジェクトが行われています。それぞれに独自の取り組みがありますが、傍目にはなかなかわかり難いことも。また、会期終了後も継続している活動や、市民参加型のプログラムなど、関係者による情報発信がない限りはその様子を知る機会はほとんどありません。今回は、そんな芸術祭の裏側や、外からは見えにくい事柄についても掘り下げていきます。

札幌国際芸術祭終了後の講座となりますが、会期を終えたからこそ伺える内容やアートマネージメントの舞台裏にご興味のある方、ご自身で芸術祭やアートプロジェクトに携わっている方、ぜひご参加ください。参加者からのイベント告知やチラシ配布も受付けます。

<開催概要>
「アートプロジェクトの今を共有する(第2回)」 集まれアートマネージャー!~音楽と美術、芸術と生活のあいだの祭典「札幌国際芸術祭2017」の試みを紐解く~
日程:2017年10月12日(木)19:30~21:00(19:15開場)
会場: 3331 Arts Chiyoda ROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14 3F)
主催:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
定員:30名(事前申込者優先)
受講料: 無料
詳細および申込ページ:http://tarl.jp/school/2017/kyoyu2017_02/

※プログラムの内容は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。