tarl

LATEST│2017.04.07
新雅史

社会学者

東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学(社会学)。専攻は産業社会学・スポーツ社会学。現在、学習院大学大学院ほかで非常勤講師を務める。また、東京大学大槌町・仮設まちづくり支援チームのメンバーとしても活動している。著書に、2012年の刊行以来版を重ねている『商店街はなぜ滅びるのか—社会・政治・経済史から探る再生の道』(光文社新書、2012年)、女工たちのレクリエーションが東京オリンピックのヒロインを産むプロセスを描いた『「東洋の魔女」論』(イースト・プレス、2013年)がある。ほか共著に『大震災後の社会学』(講談社現代新書、2011年)、『現在知 vol.1郊外その危機と再生』(NHKブックス、2013年)など。

CATEGORY

Guest