tarl

LATEST│2017.02.01
朝比奈尚行

音楽家/演出家/俳優

1948年生まれ。幼少より音楽と踊りを得意とし、演劇系短大を卒業後インディペンデントの俳優として映像や舞台、ラジオで活躍。1973年、劇団自動座を旗揚げし、作、演出、俳優として小劇場第二世代の一翼を担う。1985年、音楽・ダンス・演劇・映像・美術などを融合させた非物語演劇を製作する劇団「時々自動」を創設。全作品で構成・演出・出演を務める。
時々自動は、90年代からヨーロッパ、アジアでのツアーを多数行う。2000年代に入ってからは、東京、クアラルンプール、シンガポールで市民100人との共同製作を行い、この100人プロジェクトは東京でダンス、美術、音楽とテーマを変えながら5年間続いた。09~11年『うたのエリア』三部作では現代音楽の作曲方法を演劇の作曲や作劇に援用した作品を発表。また『時々の友シリーズ』と題したコンサートで、UAや友部正人との共演によるシアトリカル・コンサートも行った。現在は2018年秋の本公演『コンサート・リハーサル』に向けたステップ公演として、『リハーサル・リハーサル』シリーズを断続的に上演している。
朝比奈の時々自動以外の仕事では、音楽家としては、蜷川幸雄、串田和美、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、宮田慶子ほか多数の演出家の作品を手がけ、近年ではシアターコクーン『表裏源内蛙合戦』『東京月光魔曲』『タンゴ』、ナイロン100℃『2番目、或いは3番目』、さいたま芸術劇場『真田風雲録』『美しきものの伝説』、コクーン歌舞伎『四谷怪談』などがある。俳優としては、シアターコクーン『ゴドーを待ちながら』、まつもと市民芸術館『エドワード・ボンドのリア』、東京乾電池『コーヒー入門』、SPAC『王国、空を飛ぶ!』などに出演。

CATEGORY

Guest