tarl

LATEST│2017.02.01
金菱清

東北学院大学 教養学部地域構想学科教授、博士[社会学]

1975年大阪府生まれ。関西学院大学社会学部卒業後、関西学院大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。2005年東北学院大学教養学部専任講師、准教授を経て、2014年より 現職。専門は社会学・災害社会学。
東日本大震災関連の著書に、『震災メメントモリ— 第二の津波に抗して』(新曜社)、『震災学入門—死生観からの社会構想』(ちくま新書)、編著に『3.11慟哭の記録—71人が体感した大津波・原発・巨大地震』(新曜社)(第9回出版梓会新聞社学芸文化賞)、『千年災禍の海辺学—なぜそれでも人は海で暮らすのか』(生活書院)、『呼び覚まされる霊性の震災学—3.11生と死のはざまで』(新曜社)など。

CATEGORY

Guest