tarl

LATEST│2017.02.01
松田法子

建築史・都市史研究者/京都府立大学専任講師

京都府立大学大学院 生命環境科学研究科 専任講師。専門は建築史・都市史。民家・町並みから大都市・集落まで、建築と集住体のフィールドワークを幅広く行う。近年は地形・地質・水系などと地域史を融合させた広域なエリアスタディにも取り組む。芸術分野と連携したプロジェクトに、「地-質からみる神戸」(2013/KIITO)、「地-質からみるさいたま」(2015-16/さいたまトリエンナーレ)など。主著に『絵はがきの別府』(左右社、2012年)ほか。

CATEGORY

Guest