tarl

LATEST│2017.04.07
大木彩子

アートフロントギャラリー

2001年から大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレに関わり始める。2007年からは、現地スタッフとして企画運営や施設管理、作品制作、芸術祭会期中の運営など様々な業務に携わる。また大地の芸術祭から誕生したドキュメンタリー映画『小屋丸』(監督:ジャン=ミッシェル=アルベローラ)の現地コーディネートや国内の配給を担当し、渋谷・ユーロスペースはじめ、国内外の映画館等で公開。瀬戸内国際芸術祭2013や2014年よりスタートした「中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックス」の作品担当としても関わる。

CATEGORY

Player

コーディネート、マネジメント