tarl

LATEST│2017.04.27
佐藤李青
Photo by Kazue Kawase

アーツカウンシル東京 プログラムオフィサー

1982年宮城県塩釜市生まれ。国際基督教大学卒業。東京大学大学院人文社会系研究科(文化資源学)修士課程修了、同博士課程満期退学。企業メセナ協議会インターン、文化資源学公開講座「市民社会再生」運営委員会事務局、小金井市芸術文化振興計画の策定に伴う小金井市と東京大学の共同研究グループなどを経験。
小金井アートフル・アクション!実行委員会事務局長として運営組織と活動拠点(小金井アートスポット シャトー2F)の立ち上げを経て、2011年6月より現職(2015年4月1日の組織統合のため、東京文化発信プロジェクト室より現職に所属名変更)。
アーツカウンシル東京では、東京アートポイント計画の都内アートプログラムに加えて、東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業(Art Support Tohoku-Tokyo)を担当。Tokyo Art Research Labでは「思考と技術と対話の学校」スクールマネージャーと記録調査・アーカイブ・評価についての研究開発プログラムを担う。
共著に『6年目の風景をきく』(アーツカウンシル東京、2016年)、『アートプロジェクトのつくりかた』(フィルムアート社、2015年)、『アートプロジェクト−芸術と共創する社会』(水曜社、2014年)、『これからのアートマネジメント』(フィルムアート社、2011年)。外部委員にヨコハマアートサイト選考委員(2014-2016年)。

CATEGORY

Player

中間支援、政策立案/制度設計、記録/アーカイブ、評価/検証、運営