tarl

LATEST│2017.02.01
多田智美

編集者/MUESUM

1980年生まれ。編集者、editorial studio MUESUM代表。龍谷大学文学部哲学科教育学専攻卒業後、彩都IMI大学院スクール修了。 “出来事の生まれる現場から、ドキュメンテーションまでを”をテーマに、アート/デザインを軸とした書籍や広報物、イベントや展覧会の企画・編集を手がける。DESIGNEAST共同ディレクター(2008-)。京都造形芸術大学非常勤講師(2008-)。ウルトラファクトリーBYEDITディレクター(2008-)。瀬戸内国際芸術祭2013 小豆島 醤の郷+坂手港プロジェクトでは、椿昇と原田祐馬とともに企画・運営を務める。共著に『小豆島にみる日本の未来のつくり方』(2014年/誠文堂新光社)。

CATEGORY

Player

広報/コミュニケーション、編集、記録/アーカイブ