tarl

LATEST│2017.02.01
吉澤弥生

共立女子大学文芸学部准教授/社会学者/NPO法人地域文化に関する情報とプロジェクト[recip]理事/NPO法人アートNPOリンク理事

1972年生まれ。大阪大学大学院修了、博士(人間科学)。専門は芸術社会学。労働、政策、運動、地域の視座から現代芸術を研究。近著に「芸術生産の現場から考える ―労働・キャリア・マネジメント」(藤井光との対談)『社会の芸術/芸術という社会』(フィルムアート社、2016)。単著『芸術は社会を変えるか? —文化生産の社会学からの接近』(青弓社、2011)、単著『芸術は社会を変えるか? —文化生産の社会学からの接近』(青弓社、2011)、調査報告書『続々・若い芸術家たちの労働』(2014)など。またrecipでは東京文化発信プロジェクト室との協働で『「船は種」に関する活動記録と検証報告』(2013)、『「莇平の事例研究」活動記録と検証報告』(2014)を、アートNPOリンクでは『アートNPOデータバンク2014-15 —アートNPOによるアーティスト・イン・レジデンス事業の実態調査』(2015、文化庁)、『「地域に根ざしたアートと文化〜大阪市:地域等における芸術活動促進事業」調査報告書』(2016、大阪市)などを共同制作。

CATEGORY

Player

リサーチ、記録/アーカイブ、評価/検証、調査/研究