tarl

アートプロジェクトにおける「音」の記録研究

  • 日時│2015年2月23日(月) 19:00-21:00(開場18:30)
  • 会場│東京藝術大学 千住キャンパス スタジオA(東京都足立区千住1-25-1)北千住駅(西口)から徒歩約5分 ※駐車場のご用意はありません。公共交通機関をご利用ください。
  • 料金│無料
  • 定員│30名程度 (申込不要)
  • 主催│東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)

終了

概要

アートプロジェクトにおける「音」の記録研究では、昨年度より「音」をテーマにしたアートプロジェクト「アートアクセスあだち 音まち千住の縁」を題材とし、一般的なコンサートなどの「音楽」の記録(録音・録画)ではなく、アートプロジェクトの現場で鳴らされた「音」の記録についての考え方や手法を研究してきました。 「音」の記録を通して、追体験とも異なる新たな価値を与えることができるのか。ゲストを迎え、様々な方法で取り組んだ2年間の研究を振り返りながら、今年度の研究対象である野村誠 千住だじゃれ音楽祭「千住の1010人」の記録を発表します。

研究メンバー

  • 研究代表者

  • 熊倉純子(東京藝術大学 音楽環境創造科 教授)

  • コーディネーター

  • 清宮陵一(vinysoyuz 主宰/NPO法人 トッピングイースト 代表)

  • 研究協力者

  • アサダワタル(文化活動家/アーティスト)

  • 須之内元洋(札幌市立大学デザイン学部助教)

  • ゲスト

  • 角張渉(カクバリズム主宰)

  • 永井幸輔(弁護士/Arts and Law)

  • 甲斐田祐輔(映画監督)

  • 葛西敏彦(サウンドエンジニア)