tarl

旅するリサーチ・ラボラトリー - フィールドワークと表現 -(2014)

  • 日時│2014年8月10日(日)14:30-16:30(開場14:00)
  • 会場│東京文化発信プロジェクトROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14 [3331 Arts Chiyoda 3F])
  • 料金│無料
  • 定員│40名
  • 主催│東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)

リサーチ成果物完成!

概要

近年、アートの現場において、アーティストによるリサーチをもとにさまざまな作品が制作され、フィールドワークという言葉も本来の学術的な枠を越えて定着しつつあります。このラボでは、フィールドワークをベースとした作品を制作・発表しているアーティスト、mamoruと下道基行が、デザイナー丸山晶崇や公募により選出したリサーチ・アソシエイトと「旅するリサーチ・ラボラトリー」を結成。6月後半〜8月初旬の約2ヶ月にかけて、作家や研究者だけではなく、独自のフィールドワーク的手法とアウトプットを実践している方々を訪ね、インタビューを行い、フィールドワークと表現の可能性について検証していきます。またリサーチの過程自体を1つの旅とし、その間に集中的にグループ内でテーマに関する考察を行い、同時にアウトプットの実践として成果物を作成し、広く発信していきます。

8月10日(日)、この「旅するリサーチ・ラボラトリー」の活動報告会を開催します。旅の計画や、取材先へと赴いたラボ全体の軌跡を振り返りながら、各地で行ったインタビューから浮かび上がった「フィールドワークと表現」に関する考察、アイデア、言葉などを紹介します。

スケジュール

<活動報告会>
2014年8月10日(日)14:30-16:30
インタビューで浮かび上がった言葉や全国のリサーチ先へと赴いた軌跡となるロードマップを振り返りながら、この旅によって得られた「フィールドワークと表現」について考察を深めるための手がかりについて、リサーチャーそれぞれの視点で語ります。

研究メンバー

研究成果

旅するリサーチ・ラボラトリー -フィールドワークと表現-

フィールドワークをベースとした作品を制作・発表しているアーティスト、mamoruと下道基行が中心となり結成した「旅するリサーチ・ラボラトリー」が、日本各地を旅しながら、フィールドワーク的手法とアウトプットの実践について様々な表現者へインタビューを行い、フィールドワークと表現の可能性について検証したプロジェクト。