tarl

アートプロジェクトの
担い手を育てる

「思考と技術と対話の
学校」

アートプロジェクトを動かす力を「身体化」するスクールプログラム。社会的な課題を「思考」し、アートプロジェクトの現場をつくるための「技術」を磨き、問題意識を共有するメンバーと「対話」しながら進めます。これからアートプロジェクトに関わりたい方、現場で活躍しながら次のステップに進みたい方に向けた実践的な講座を提供しています。

2016
  • 基礎プログラム1「思考編」(2016)

    終了

    アートプロジェクトを動かすための考える力を養う

    アートプロジェクトが扱う領域のイメージを広げる考え方を学びます。

    対象│アートプロジェクトの運営に関わっている人、関わる意思のある人

  • 基礎プログラム2「技術編」(2016)

    終了

    企画をかたちにするためのスキルを身につける

    アートプロジェクトの始まりから終わりまでのワークフローを学び、業務の必要性を理解した上で、現場で求められる技術を磨きます。

    対象│[思考編]修了生、またはアートプロジェクトの運営経験者

  • 基礎プログラム3「対話編」(2016)

    終了

    チームでプロジェクトを実施する際の対話力を磨く

    アーティストと一年の活動をともにすることで、アートプロジェクトに必要な多角的視点と、企画・運営のための実践力、そして対話力を身につけます。

    対象│[思考編]または[技術編]修了生、またはアートプロジェクトの運営経験者