tarl

2014
TERA English(2014)

終了

アートの現場で必要とされる英語表現を6ヶ月間でものにする

『TERA English』は、アートプロデュースに興味のある人をはじめ、アーティストやキュレーターにむけて、作品展示やアートプロジェクトなど、アートの現場で必要とされる 基本的かつすぐに使える英語表現を身につけるための連続講座です。作品についてのディスカッションやレジデンスプログラムに参加することを想定した英会話など、アートにまつわる英語を毎回の授業で実践しながら学んでいきます。アートの現場で英語でのコミュニケーションが必要な方、海外のレジデンスプログラムに参加したいと思っている方、また英語を使う機会がなくて困っている方など、英会話初心者でも気軽に受講できるプログラムになっています。とにかく英語でアートについて話したい!そんなみなさまの応募をお待ちしています。
※ 本プログラムはTERATOTERAの一環として実施しています。

基本情報

講座期間

2014年9月4日(木)〜2015年2月26日(木) 隔週木曜日 19:30〜21:30

会場

東京文化発信プロジェクトROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14 [3331 Arts Chiyoda 3F])

主催

東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、一般社団法人Ongoing

コーディネーター

  • 弘川有希絵(Art Center Ongoing)

  • 内藤貴美子(Art Center Ongoing)

スケジュール

2014年9月4日(木)

第1回

イントロダクション

9月18日(木)

第2回

レジデンス先に着いたときの挨拶
絵画 ー 会田誠、バンクシーについて

10月2日(木)

第3回

自分の作品について簡単に話す
彫刻 ー 宮永愛子、ジェフ・クーンズ、ダミアン・ハーストについて

10月16日(木)

第4回

過去作品について話す / 質問のしかた
インスタレーション ー ボルタンスキー、塩田千春、和田昌宏について

10月30日(木)

第5回

ゲストトーク① 海外からの作家
海外のアーティストを招いてお話を伺います
ゲスト:Martin Boyle(アーティスト)

11月13日(木)

第6回

担当者に展示プランについて話す
映像 ー 束芋、フランシス・アリス、ピピロッティ・リストについて

11月27日(木)

第7回

ギャラリースタッフ・ボランティアスタッフと話す
写真 - 森村泰昌、やなぎみわ、シンディ・シャーマンについて

12月11日(木)

第8回

ギャラリーに来たお客さんと話す
リレーショナルアート、パフォーマンス、ポリティカルアート -
遠藤一郎、ティラヴァーニャ、Chim↑Pom、アブラモヴィッチについて

12月25日(木)

第9回

ゲストトーク② 国内の作家
国内のアーティストを招いてお話を伺います
ゲスト:Karin Pisarikova(アーティスト)

2015年1月15日(木)

第10回

現地で友達をつくる
国内外の有名なアート施設について話せるようになろう —
3331 Arts Chiyoda、トーキョーワンダーサイト、その他美術館など

1月29日(木)

第11回

別れのとき
アートイベントについて話す —
ヨコハマトリエンナーレ、その他海外イベントについて

2月12日(木)

第12回

ゲストトーク③ キュレーター
キュレーターを招いてお話を伺います
ゲスト:木村絵理子(横浜美術館 主任学芸員)

2月19日(木)

第13回

生徒さんによるプレゼンテーション:自分の作品または展示企画について

2月26日(木)

第14回

生徒さんによるプレゼンテーション:自分の作品または展示企画について

募集概要

募集人数

15人

対象

・ギャラリーやアートイベントのスタッフで、英語でのコミュニケーションが必要な方。
・海外のレジデンスプログラムに参加したいアーティストやキュレーターをはじめとしたアート関係者。
・基礎的な英語力がある方。

英語力の目安

・本講座では、アートに関連した内容の英文を読んだり、それについて話したりする場を設ける予定です。高いレベルの英語力は必要ありませんが、「英語を見ると頭が痛くなる…」というほど文法などが苦手な方は、クラスのたびにストレスを感じてしまうかもしれません。そこで今回は、以下の英文の内容をある程度理解することができる方を対象とさせていただきます。
分からない単語は、辞書などで調べていただいて構いません。
Marcel Duchamp was a pioneer of Dada, a movement which gave us a new perspective of what art should be and how it should be made. In his early years, Duchamp succeeded as a painter in Paris. But he soon gave up painting almost entirely to say “I was interested in ideas — not merely in visual products.”
・TOEIC 550点以上(あるいは他の英語検定試験で同等の成績以上)。
TOEIC等を受験したことのない方は、上の英文を目安にしてください。

受講料

全14回 20,000円

申込方法

件名を『TERA English』とし、以下ご記入の上メールor郵送にてお申込みください。
1、お名前(フリガナ) 2、郵便番号 3、住所 4、電話番号 5、メールアドレス 6、年齢 7、所属 8、面接希望日※
※面接希望日に関して
スカイプまたは電話で5分程度の面接をします。基本は日本語での面接になりますが、英語での簡単な自己紹介もしていただく予定です。2014年8月20日(水)、8月22日(金)、の19:30~21:30の2日間で、ご都合のよろしい日時を第二希望までお知らせください。事務局より面接日時の連絡をさしあげます。

申込先

メール│info@teratotera.jp
郵送先│〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1-8-7 Art Center Ongoing内
TERATOTERA事務局宛
※お預かりした個人情報は、主催者からのご連絡のみに使用し、厳重に管理します。

応募締切・面接までのスケジュール

<終了しました>

2014年 8月11日(日)必着

お問い合わせ

TERATOTERA 事務局
〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1-8-7 Art Center Ongoing内
Tel:090-4737-4798
E-Mail:info@teratotera.jp
Web:teratotera.jp
Twitter:twitter.com/teratotera
Facebook:www.facebook.com/teratotera