tarl

東京アートポイント計画の10年史(仮)制作プロジェクト

  • 期間│2018年4月~2019年3月
  • 主催│アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

書籍PDF公開

概要

2009年度に事業を開始した「東京アートポイント計画」の10年の活動を振り返る「年史」の制作を行います。過去の実績を伝えるだけでなく、10年で獲得した知見を、どのように広く共有していくのか。これまでの資料や先例を検討し、これからの知見となるような書籍づくりを目指します。


※本プログラムは2018年度に実施した研究・開発「「第3コーナー」のつくりかた:記録・編集・アーカイブ」の成果を引き継ぎ、2019年度は研究・開発「検証・評価プログラム」の一環として実施しました。

研究成果

これからの文化を「10年単位」で語るために ― 東京アートポイント計画 2009-2018 ―

2009年に始動した東京アートポイント計画の10年の歩みを収録しました。プログラムオフィサーが培った知見をまとめた「中間支援の9の条件」、事業の足跡を年ごとに振り返った「これまでの歩み 2008→2018」、東京アートポイント計画の共催団体のメンバーとの対話を収めた「プロジェクトインタビュー」、これからの10年を見据えた展望や事業の可能性にふれたインタビューやディスカッション等で構成しています。巻末には資料として、これまで発行してきた200冊のドキュメントのリストも掲載しています。

※本書について、ブログ記事でも詳しくご紹介しています。
≪紹介記事はこちら≫


※本書の販売は終了いたしました。PDFダウンロードにてお読みいただけます(2022年1月26日)。