tarl

EVENT│2022.01.27 開催

受付終了

AAOクロストーク vol.3|アーカイブをひらく ―エディション・ノルト:川俣正との協働とアート・ブック・アーカイヴ―

大地の芸術祭で展開されている「アート・フラグメント・コレクション」は、芸術祭で作品の生成から消失にいたるプロセスで派生する廃材や断片を「アート・フラグメント」と位置づけ、作品の保管・保存について問いかけるプロジェクトです。デザインや出版活動を行うedition.nord(エディション・ノルト)がアーティストの川俣正さんと協働で取り組んできました。

今回のトークでは「アート・フラグメント・コレクション」を主な事例として、作品の保存・修復とともに、販売、展示、エディション化など「アーカイブのひらき方」について考えていきます。
川俣さんが「カタログ等とは違う、新しい考え方だった」と話すこのプロジェクト(インタビュー動画より)。エディション・ノルト代表の秋山伸さんから、プロジェクトのきっかけや具体的な活動、川俣さんと協働することについてお聞きしていきます。

後半ではエディション・ノルトが取り組むアートブックのアーカイブプロジェクト「Japan Focus Library」「CONTEMPORARY (ART BOOK) review/archive」など についてもご紹介いただきます。各地で実践してきた活用の事例を交えて、展示や公開によってアーカイブがどのような広がりを持っていくのかをお聞きしていきます。参加者の皆さんからの質問にもお答えいただきながら、2022年に開催される大地の芸術祭への展望や、アーカイブ素材の活用の可能性等についてお聞きしていきます。

▼紹介いただくプロジェクトについて

川俣正+エディション・ノルト「アート・フラグメント・コレクション」2018–

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018」から開始された、地域アートの新たなアーカイヴ手法を試みるワーク・イン・プログレス・プロジェクト。最も古くから継続している地域芸術祭「大地の芸術祭」。そこにおける作品の新陳代謝の副産物として生じる廃材や端材=アート・フラグメントを収集し、展示やエディションへと転換させる、いわば芸術祭に対してメタ的な視野を持つ地域アート・プロジェクト。2018年の芸術祭では、集められたアート・フラグメントが、 川俣によってインスタレーションに変換され、エディション・ノルトによってカフェ併設のショップに陳列された。今年予定されている「越後妻有 大地の芸術祭 2022」に向けて、川俣はより大きなインスタレーションをサイトに付加し、エディション・ノルトは、アート・フラグメントと作品資料とを合わせたエディションを作るほか、より身軽で広範なアート・フラグメントの販売方法を提案する予定。

「Japan Focus Library」2018–

2018年開催のベルリン・アート・ブック・フェアMISS READにおける日本特集「MISS READ Japan focus」から継続するエディション・ノルト運営のライブラリー・プロジェクト。無審査寄贈によるインディペンデントなアート・ブックのコレクション。今までアイテム数を増やしながら国内外の会場で巡回公開されている。「越後妻有 大地の芸術祭 2022」では、「アート・フラグメント・コレクション」と同じサイト「旧清水小学校」にて常設展示・収蔵スペースが設けられる予定。

「CONTEMPORARY (ART BOOK) review/archive」2018–

エディション・ノルトとロンダードが主催する、継続的なアート・ブックのキュレーション展。日本とアジアから伝統的な形態にとらわれずに自由な素材・構造でデザインされた本をコレクションしてウェブ上にアーカイヴしつつ、展示・販売を行うプロジェクト。様々なイベントや空間に寄生しながら国内外を巡回する。アート・ブックにおける状況から本の現代性を考察するレクチャーを行ったり、海外のゲスト・パブリッシャーによるプレゼンテーションやトークイベントを併催する。また、招いた海外パブリッシャーから、今度は招かれるという交換的交流も発生している(『IDEA』No. 393 別冊に掲載)。
http://c-ab-a.net/

参考文献
「Fair Enough / Guest with Books from Japan│Part 2│Presentation Document and Review Exchange / Swiss Edition」
『IDEA』No. 393 別冊/誠文堂新光社/2021年


▼アーカイブ動画はこちら

基本情報

日時

2022年1月27日(木) 18:30〜
※120分ほど予定

実施方法

オンライン配信(Zoomウェビナー)
※要事前申込(先着順)。
※イベント終了後、収録アーカイブを編集して公開予定です。

参加ご希望の方は、こちらのZoomウェビナー登録フォームよりお申し込みください。
申込締切:2022年1月27日(木)12:00

お申込受付は終了しました。

参加費

無料

定員

50名程度

主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

企画運営

特定非営利活動法人アート&ソサイエティ研究センター

参加方法

お問い合わせ

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
事業推進室事業調整課事業調整係 TARL事務局
TEL:03-6256-8435(平日10:00〜18:00)
E-mail:tarl@artscouncil-tokyo.jp

※プログラムは変更になる可能性があります。
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、本事業の運営及びお知らせにのみ使用いたします。