tarl

EVENT│2021.07.09 開催

参加者募集中

「Multicultural Film Making」メンバー募集

1本の映画をつくるために、海外に(も)ルーツを持つメンバーを募集しています。
「新しいまち」をテーマにした映画づくりの現場に参加しませんか?


このプロジェクトでは「新しいまち」をテーマに、さまざまなルーツをもつ人たちの経験や想いをもとにした1本の映画をつくります。
参加者は「ドキュメンタリーの部」と「フィクションの部」の2つのプログラムを通して、リサーチャー、撮影スタッフ、出演者となり、いろいろな考えを 持つ人たちと、話し合い、協力して、映画作品をつくります。

ドキュメンタリーの部「写真と声で、まちを記録する」

ドキュメンタリーの部の前半は、メンバーどうしで取材しあうインタビュー形式のワークショップを行います。それぞれが生活する「まち」に対して抱えている想いを共有しながら、インタビューのしかたを学びます。
後半はチームに分かれ、実際にまちへ出てリサーチをします。異なる経験を持つ他者にインタビューを行い、自分たちの経験と照らし合わせながら、写真と音声をつかってその様子を記録します。

フィクションの部「まちの記録をもとに、映画をつくる」

〈ドキュメンタリーの部〉で制作した「まちの記録」をもとに、本映画の監督・鄭禹晨が、ひとつの脚本をつくります。その脚本をたよりに、メンバーと協力してフィクションの映画をつくります。メンバーは、演出についての議論、クルーとしての撮影や録音、俳優としての出演など、映画製作でのさまざまな役割を担います。異なるルーツをもつ人たちの物語を考え、演じ、撮影することで、今までにない、新しい映画をつくります。


チラシはこちら(チラシPDF)

基本情報

対象

何かしらのかたちで海外に(も)ルーツを持つ人(自己申告でかまいません)/未経験者OK

* 応募者が多数の場合は、 オンライン面接により選考となります。
* 活動は日本語で行いますが(やさしい日本語もつかいます)、日本語に自信がない人の参加も歓迎します。

参加費

無料、交通費支給(上限あり)

会場

ROOM 302 (東京都千代田区外神田 6-11-14 3331 Arts Chiyoda 内)ほか

*コロナ禍での対応について : 基本は少人数制で活動し、フィールドワークや撮影等は三密を避けて進めます。対面またはオンラインなど、開催方法は感染症状況・社会状況を踏まえて随時決定します。

期間

ドキュメンタリーの部:A期 2021年9月3日(金)~9月5日(日)| B期 2021年9月17日(金)~9月19日(日)
フィクションの部:2021年10月30日、11月7日、13日、20日、27日、12月4日

定員

ドキュメンタリーの部:各6名(計12名)
*「フィクションの部」にも参加できる人を優先します。(定員に余裕がある場合は、「フィクションの部」のみの参加も可能です。)

フィクションの部:8~12名
*全ての日程に参加できる人、「ドキュメンタリーの部」にも参加できる人を優先します。(定員に余裕がある場合は、「フィクションの部」のみの参加も可能です。)

こんな人をお待ちしています

ドキュメンタリーの部:
インタビューやリサーチをやってみたい/異なる価値観に触れたい
自分のルーツについて考えてみたい/東京のことをもっと知りたい

フィクションの部:
映画を撮影してみたい/出演してみたい/映画の現場に興味がある
異なるルーツを持つ人々との制作に興味がある

応募締切

ドキュメンタリーの部:8月15日(日)
フィクションの部:9月30日(木)

参加方法

こちらのフォームより申し込みください。

お問い合わせ

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
事業推進室事業調整課事業調整係 TARL事務局
TEL:03-6256-8435(平日10:00〜18:00)
E-mail:tarl@artscouncil-tokyo.jp

※プログラムは変更になる可能性があります。