tarl

2018
スタディ2|2027年ミュンスターへの旅

申込受付中

1977年にはじまった「ミュンスター彫刻プロジェクト」は、日本における芸術祭やアートプロジェクトに多くの影響を与えたと言っても過言ではありません。

10年おきに開催される次回は、9年後の2027年。その第6回ミュンスター彫刻プロジェクトへの招聘を目指して、居間 theaterが準備をはじめました。

ミュンスターをはじめとするヴェネチア・ビエンナーレやドクメンタといった国際的な芸術祭に関わる多彩なゲストとともに、ミュンスター以前の美術やパフォーマンスの歴史、またミュンスター以後の美術やパフォーマンスの変化を辿ることで、2027年のミュンスターにふさわしいプロジェクトの構造を設計していきます。

それは、美術やパフォーマンスのための場や空間の歴史と変化を辿ることにもなります。そして、その試演や実験などのスタディを、まずはこの東京で実行していきます。

> ナビゲーターメッセージ(佐藤慎也、居間 theater)

基本情報

対象

-(日本だけでなく)さまざまな芸術祭・アートプロジェクトに興味をもっているひと。
-ユーモアをもって、創作のプロセスを探りたいひと。
-夢を大きくもちたいひと。

定員

10名程度

会場

ROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14-302 [3331 Arts Chiyoda 3F])ほか

活動予定日

[初回活動日]
9月14日(金)19:00~22:00

[定例ミーティング]
9月17日(月・祝)15:00~18:00
10月21日(日)15:00~18:00
11月23日(金・祝)15:00~18:00
12月22日(土)15:00~18:00
1月19日(土)15:00~18:00

[報告会]
2月24日(日)

[その他]
9、10、11月に月1回程度リサーチやフィールドワークを実施予定。

※スタディの進捗に合わせて活動日は増える可能性があります。
(日程は参加者と相談、場所は都内を予定、交通費は実費負担)
※日程は変更になる場合があります。

※9月24日(月祝)に、スタディ1~5のナビゲーターや参加者が集まって交流する合同会を開催します。ぜひご参加ください。

進め方

-メンバー全員での定例ミーティングを月1回程度開催します。
-定例ミーティングでは、スタディテーマにそってゲストトークやディスカッションを実施します。
-居間 theaterのクリエーションの現場にてリサーチやフィールドワーク(3~4時間程度)を数回実施します。
-スタディの進捗に合わせて、試演や実験の検討をします。
-ROOM302を拠点としてリサーチの資料や進捗状況の共有を行います。スタディメンバーはROOM302の開室日に自主活動を行うことができます。

参加費

一般30,000円/学生20,000円
※フィールドワーク等の交通費は別途実費となります。

申込方法

下記の申込フォームからお申し込みください。

申込フォームはこちら

申込〆切・選考スケジュール

8月4日(土)13:00~15:00

説明会

8月26日(日)

申込〆切

8月29日(水)

面接

9月3日(月)頃

結果通知

個別相談会

「東京プロジェクトスタディ」に関する相談を随時受け付けています。どのスタディに申し込もうか迷っている、スタディの内容を詳しく知りたいなど、ぜひご相談ください。
相談希望の方は、tarl@artscouncil-tokyo.jp宛に【希望日時(第一希望、第二希望)・希望するスタディ・相談内容・所属・連絡先】をご連絡ください。

日時:平日10時~17時
会場:アーツカウンシル東京 市ヶ谷オフィス
(東京都千代田区九段北4丁目1-28九段ファーストプレイス8階)

※スタディへのお申し込みにあたり、個別相談は必須ではありません。
※アーツカウンシル東京へのアクセスはこちらのURLをご確認ください。

説明会開催レポート

8月4日(土)、アーツ千代田3331 アーツカウンシル東京ROOM302にて説明会を開催しました。
>レポート記事はこちら


*記録映像

説明会の様子は、映像でもご覧いただけます。

主催

アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

お問い合わせ

アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
事業推進室事業調整課事業調整係 TARL事務局
TEL:03-6256-8435(平日10:00〜18:00)
E-mail:tarl@artscouncil-tokyo.jp