tarl

LATEST│2021.10.14
Okui Lala

ヴィジュアルアーティスト/ カルチャーワーカー

1991年マレーシア生まれ。
ペナン島とクアラルンプールを拠点にアーティスト、カルチャーワーカーとして活動中。その活動はビデオ、パフォーマンスから地域コミュニティとの協働にまで及ぶ。
又、移民が持つ背景や翻訳のプロセスを調査し、自らの故郷やアイデンティティと共により大きな社会、文化、政治的環境を探っている。
これまで、シンガポール・ビエンナーレ(2019年)、Festival/ Tokyo(日本、2019年)、山口情報芸術センター(日本、2019年)、パラサイト(香港、2018年)、ナショナル・アート・ギャラリー(マレーシア、2017年)などで作品を発表。

近年では、地元の大学でマルチメディアや動画の科目を教えているほか、地域に根ざした教育や様々なコミュニティに取り組むNPOにてビジュアルワークショップのファシリテーターも務めている。 ミャンマーと日本における移民、移動、アイデンティティに関する研究で、2017年国際交流基金アジアセンター・フェローシップ助成を受けた。

Chew Win Chen aka Okui Lala (b. 1991) is an artist and cultural worker based in Kuala Lumpur and Penang, Malaysia. Her practice spans from video, performance to public engagement. Okui‘s work explores themes of diaspora, home and belonging through the performances of domestic acts or vocational labour, such as sewing, cooking, conversing and building. Recent presentations include shows at Singapore Biennale (2019), Festival/ Tokyo (Japan, 2019) , Yamaguchi Art Centre for Arts and Media (Japan, 2019), Para Site (Hong Kong, 2018) and National Art Gallery (Malaysia, 2017) .

Aside from teaching multimedia and moving images subjects at local colleges, Okui also facilitates visual workshop with NPO that works with placed-based education and different communities. Okui was a recipient of the 2017 Japan Foundation Asia Centre Fellowship Grant for her research on migration, mobilities and identities in Myanmar and Japan.

CATEGORY

ファシリテート、創作/表現
PROJECT