tarl

LATEST│2021.06.21
吉椿雅道

CODE海外災害援助市民センター事務局長

1968年福岡県生まれ。十代より武道(中国武術、合気道)や東洋医学(気功、野口整体など)を学ぶ傍ら、アジア、南米の先住民・少数民族支援のNGO活動にかかわる。’92年ブラジル地球環境サミットで開催された世界先住民会議を機にNGO「先住民の杜基金」の事務局をつとめる。’95年阪神淡路大震災で足湯ボランティアを始める。’99年より’02年までアジア約20か国を歴訪し、各地の伝統医療、少数民族の伝統文化やNGOの現場(タイの北タイ農民ネットワークやさくらプロジェクト、カンボジアのアキラ―地雷博物館、ベトナム子どもの家、インドのマザーハウス、中国雲南省の麗江民族孤児育幼院など)を歩く。’04年より被災地NGO恊働センター、震災がつなぐ全国ネットワーク、CODE海外災害援助市民センターのスタッフとして中越、能登、インドネシア、パキスタン、中国、ハイチ、フィリピン、ネパールなどの被災地で支援活動に従事。’06年より1年間、日本各地の防災・減災の智恵を拾い集め、「いのちをまもる智恵」を出版。’08年5月より約4年間、四川大地震の現場で活動。’11年3月11日、東日本大震災の被災地に入り、足湯などの活動を行う。’11年、CODE事務局次長を経て、’13年、CODE事務局長に就任。’16年3月、NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」に出演。2019年第4回貝原俊民「美しい兵庫つくり賞」を受賞。現在、関西NGO協議会常任理事、Kansai-SDGs市民アジェンダ分科会座長、中国四川省新安世紀教育安全科技研究院顧問、コロナ支援の国際アライアンスIACCR呼びかけ人を務める。

CATEGORY

支援