tarl

LATEST│2022.06.01
目 [mé]

現代アートチーム

アーティスト 荒神明香、ディレクター 南川憲二、インストーラー 増井宏文を中心とする現代アートチーム。個々の技術や適性を活かすチーム・クリエイションのもと、特定の手法やジャンルにこだわらず展示空間や観客を含めた状況/導線を重視し、果てしなく不確かな現実世界を私たちの実感に引き寄せようとする作品を展開している。主な活動に、個展「たよりない現実、この世界の在りか」(資生堂ギャラリー、2014年)、《Elemental Detection》(さいたまトリエンナーレ2016)、個展「非常にはっきりとわからない」(千葉市美術館、2019年)、個展「ただの世界」(SCAI THE BATHHOUSE、2021年)、《まさゆめ》(Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13、2019-21年)、《matterα》《matterβ》(ハワイ・トリエンナーレ2022)などがある。第28回(2017年度)タカシマヤ文化基金タカシマヤ美術賞、VOCA展2019佳作賞受賞。

荒神明香 (こうじん・はるか ) アーティスト
アーティスト。1983年広島生まれ。2009年東京藝術大学大学院美術研究科修了。サンパウロ近代美術館(ブラジル)、ジャパン・ソサエティー(ニューヨーク)、ポンピドゥーセンターメッス(フランス)など国内外で作品を発表。Art Award Tokyo 2007グランプリ受賞、東京藝術大学卒業制作展 買い上げ賞、作品《reflectwo》東京都現代美術館、サンパウロ現代美術館所蔵。

南川憲二 (みなみがわ・けんじ) ディレクター
ディレクター。1979年大阪生まれ。2009年東京藝術大学大学院美術研究科修了。wah document(わうどきゅめんと)(2006~)として、カウス・アウストラリス(オランダ)、オーセージギャラリー(香港)、ポンピドゥーセンターメッス(フランス)など国内外で活動を展開。東京藝術大学終了制作展 川俣正賞、Art Award Tokyo 丸の内2009グランプリ受賞。

増井宏文 (ますい・ひろふみ) インストーラー
インストーラー。1980年滋賀生まれ。2008年佛教大学教育学部卒業。2004年成安造形大学造形学部卒業。wah document(わうどきゅめんと)(2006 ~)として、カウス・アウストラリス(オランダ)、オーセージギャラリー(香港)、ポンピドゥーセンターメッス(フランス)など国内外で活動を展開。

CATEGORY

ディレクション、創作/表現