tarl

LATEST│2022.06.21
中村茜
©︎Takuya Matsumi

株式会社precog代表取締役/一般社団法人ドリフターズ・インターナショナル理事/NPO法人舞台制作者オープンネットワークON-PAM理事

パフォーミングアーツ・プロデューサー。2000年より同時代の舞台芸術を中心に、文学、美術、建築、音楽などの表現領域を横断した創作活動や人材育成事業に従事し、近年では教育や福祉分野にも活動を展開する。2004年〜2008年STスポット横浜プログラムディレクター。2008年より株式会社precog代表取締役。吾妻橋ダンスクロッシング、チェルフィッチュ、ニブロール、ミクニヤナイハラプロジェクト、康本雅子などの国内外の活動をプロデュース。海外の公演実績は30ヵ国70都市以上に及ぶ。2009年~2010年、那須高原全域で開催されたフェスティバル、スペクタクル・イン・ザ・ファームの共同ディレクター、国東半島芸術祭(2012~2014)パフォーミングアーツプログラムディレクター、Jejek-Tabi Exchange ~Wandering Asian Contemporary Performance~(2018~2021)共同キュレーター等を務める。
主なプロデュース作品に、朝吹真理子×飴屋法水「いりくちでくち」(2012,2014) 、ウティット・ヘーマムーン×岡田利規×塚原悠也「プラータナー:憑依のポートレート」(2018)等がある。2019年~2020年日本財団主催True Colors Festival ~超ダイバーシティ芸術祭~運営事務局を担う。2021年アクセシビリティーに特化したオンライン劇場 THEATER for ALLを立ち上げ、統括プロデューサーを務める。2022年(第72回)文化庁芸術選奨・文部科学大臣賞新人賞【芸術振興部門】受賞