現在位置

  1. ホーム
  2. /
  3. 資料室
  4. /
  5. なんのためのアート

なんのためのアート

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、沿岸部を中心に甚大な被害をもたらし、その後、被災地では芸術文化に関わるさまざまな活動が展開されました。その活動の一部を共有するとともに、震災という非日常を契機に生じたこれらの動きが、日常へ向かう今後の復興過程でどのような継続性を持ちうるか? そもそも芸術文化には、どんな必要性や意義があるのだろう? 試みの報告を聞きながら、集まった者同士で考え合う、4時間半の場をひらきます。

※ 当日の様子は以下のサイトでもご覧いただけます。
 「3月11にちをわすれないためにセンター ウェブサイト

目次

復興への長い旅路、私たちはどこへ向けて航海を始めるのか。
芸術銀河2012×Art Support Tohoku-Tokyo なんのためのアート
タイムテーブル
会場レイアウト
ワークシート
現場レポート
アンケート結果
事務局後記

クレジット

発行

宮城県、みやぎ県民文化創造の祭典実行委員会、東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)

SHARE