tarl

ひょっこりひょうたん塾 2012年度 活動報告書

発行日│2012.04.30

文化芸術による大槌町まちづくり人材育成事業「ひょっこりひょうたん塾」は、未来の大槌町を担う人材を育成するために、芸術文化・コミュニティデザインという手法を活用した「塾」。大槌町民と町外の文化・まちづくりの専門家達との恊働により実施しました。2012年度は、ソフト面からのまちづくりを主要テーマとする「文化芸術まちづくりゼミ」や、アーティストのきむらとしろうじんじんを招いたプロジェクトなどを実施しました。

目次

はじめに
ふりかえり
謝辞

文化芸術まちづくりゼミ
 第一回「みんなで交わる図書館でまちが変わる!―小布施から学ぶ大槌の未来図―」
 第二回「人が交わるイベントからまちづくりへ―「おおつちありがとうロックフェス」や各地事例から」
 第三回「世界に発信できる大槌ブランドを考える」
 第四回「いまを残そう その方法と仕組み」
 第五回「アートで 人が 街が 動き出すということ」
フィールドワーク演習 きむらとしろうじんじんの野点
 「野点」散歩会・企画会議
 「野点」@赤浜・常楽院周辺 ひょうたん島を、語りたい。~海を眺めながら~
 「野点」@桜木町・児童公園 桜木町で、逢いましょう。~公園カフェ~
 「野点」@町方・大槌駅前広場 駅から湧水、徒歩5分。~カフェや音楽やパフォーマンス~

主催|ひょっこりひょうたん塾、大槌町、東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、特定非営利活動法人いわて連携復興センター
協力|一般社団法人谷中のおかって、東京藝術大学熊倉純子研究室