tarl

開発好明 100人先生

発行日│2014.03.31

アーティスト開発好明による「100人先生」は、人が出会い、互いに学び合う場をつくっていくプロジェクトです。「100人先生」は、東京都三宅島を舞台にしたアートプロジェクト「三宅島大学」の一環として、2012年12月から2014年2月にかけて行われました。普通に生活をしている人の、ちょっとした特技に焦点を当て、100人もの「先生」が誕生しました。本書は、これまでの活動をまとめた記録集です。

主催|東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、三宅島大学プロジェクト実行委員会、三宅村
編集|開発好明(アーティスト)、上地里佳(三宅島大学マネージャー)、吉田武司(三宅島大学プロジェクト実行員会事務局)、大内伸輔(東京アートポイント計画 プログラムオフィサー)、長尾聡子(東京アートポイント計画 プログラムオフィサー)
デザイン|濱祐斗・山口真生(濱祐斗デザイン事務所)

※本書は、東京アートポイント計画「三宅島大学」(2011~2013年度)の一環として制作されました。