tarl

Picnic ピクニック形式パフォーマンス公演『威風DoDo』

発行日│2015.10.12

『威風DoDo』は、隅田川を臨むように建っていた建造物「汐入タワー(都立汐入公園内)」とその周辺を舞台とした、ピクニック形式のパフォーマンス公演です。一般公募による出演者“アナター”をはじめ、若手パフォーマンス集団「フラワーズ」やさまざまなジャンルで活躍する若手アーティスト、地域住民らとの共創によってつくりあげられ、当日は総勢100名程度の出演者が汐入タワー周辺に集いました。このブックレットは、ピクニックをより深く味わうためのツールとして制作されました。

目次

ピクニック形式パフォーマンス公演 威風DoDoへようこそ
主な出演者たち
 フラワーズ―企画の中心となったアーティスト集団
 ソケリッサ―スペシャルゲストとして招かれた<新人Hソケリッサ!>
 アナター―地球の上に堂々と立つ人々
ちょり語録―富塚絵美へのインタビューより抜粋
会場をつなぐ構成要素
 遊び―大西健太郎による「風遊び」
 風景画―藤田龍平のレジャーシート
 星空―井川丹が誘う宇宙
企画の背景を探る―ピクニック形式の批評は可能か
資料―汐入の歴史と現在
プロジェクト日誌―本番までの歩み

企画・監修|富塚絵美(一般社団法人谷中のおかって)
編集|小林英治
アートディレクション・デザイン|大原慎也(ARROW MARK)
印刷・製本|シナノ書籍印刷株式会社
発行|アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

※本書は、東京アートポイント計画「隅田川ルネサンス事業『威風DoDo』」(2015年度)の一環として制作されました。