tarl

東京で(国)境をこえる 2020年度活動記録

発行日│2021.03.31

「東京には見えないことにされている様々な壁がある」という仮説をもとに、その「見えない(国)境、壁」について考察するアートプロジェクト『東京で(国)境をこえる』。本書はその2020年度の活動をタイムラインに沿って振り返る記録集です。


そこでは単に多様な人々が共棲するだけでなく、何らか、何にしても、一つのクリエイションを共にすることにより、個と個が、互いの違いを前提にし、それを尊重しつつも、何かしらを共有出来るような、新しい信頼関係を持った共同体(コミュニティ)が生まれるのではないか。(本書p.11)

目次

『東京で(国)境をこえる』とは
『kyodo20_30』とは
2020年度の活動タイムライン
2020年4月19日~8月23日 プロジェクト準備会(オンライン)
2020年9月6日 kyodo 20_30 説明会(オンライン)
2020年9月27日~10月24日 kyodo20_30 PHASE 01 全3回<出会う&知り合う>
2020年11月7日~12月5日 kyodo20_30 PHASE 02 全3回 <試す&つくる>
2020年12月19日~2月13日 kyodo20_30 PHASE 03 全3回 <問いをみつける&アクションを試す>
kyodo20_30 PHASE 04 <発表する>
参加者の声
ディレクターズノート―『東京で(国)境をこえる』 事業開始2年目を終えるにあたって
編集後記

編集委員|寺門 信(『kyodo 20_30』コラボレーター)、小林 真行(『東京で(国)境をこえる』事務局)、三上 悠里(『東京で(国)境をこえる』事務局)
テキスト|寺門 信(『kyodo 20_30』コラボレーター)、小林 真行(『東京で(国)境をこえる』事務局)、矢野 靖人(『東京で(国)境をこえる』ディレクター)
デザイン|三上 悠里(『東京で(国)境をこえる』事務局)
制作協力|川渕 優子(『東京で(国)境をこえる』事務局)

※ 本書は、東京アートポイント計画「東京で(国)境をこえる」(2019年度~)の一環として制作されました。