tarl

LATEST│2018.07.18
瀬尾夏美

アーティスト

1988年東京都生まれ、宮城県在住。東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。土地の人びとのことばと風景の記録を考えながら、絵や文章をつくっている。2012年より、映像作家の小森はるかとともに岩手県陸前高田市に拠点を移し、対話の場づくりや作品制作を行う。 2015年仙台市で、土地との協働を通した記録活動を行う一般社団法人NOOK(のおく)を立ち上げる。主な展覧会に「クリテリオム91」(水戸芸術館、 茨城、2015年)、ヨコハマトリエンナーレ2017(横浜美術館・赤レンガ倉庫、神奈川、2017)など。また、小森とのユニットで、巡回展「波のした、土のうえ」「遠い火|山の終戦」を全国各地で開催。