tarl

LATEST│2019.01.23
髙橋洋介

金沢21世紀美術館キュレーター

1985年東京都出身。東京藝術大学大学院美術研究科修了。金沢21世紀美術館での主な企画に「DeathLAB: 死を民主化せよ」(2018-2019)、「死なない命」(2017-2018)、「Ghost in the Cell: 細胞の中の幽霊」(2015-2016)など。その他の近年の展覧会に「2018年のフランケンシュタイン」(GYRE、2018)など。主な講演に「超人間中心主義のルネサンス」(東京大学、2015)など。主な論考に「DeathLAB:死を民主化せよ」(コロンビア大学建築保存大学院研究紀要「URBAN Magazine “Mortem”」、2018)、「バイオファッションにおける半生命的素材の諸問題」『vanitas 005』(アダチプレス、2018)など。美術手帖2018年1月号「特集バイオアート」編集協力。専門は、ポストヒューマン美学および超人間中心主義の芸術。

CATEGORY

キュレーション