tarl

LATEST│2018.02.05
須藤崇規

映像ディレクター

1983年北海道生まれ。横浜在住。舞台で使用される映像の制作、記録映像のディレクション、インターネットを通じた映像配信などパフォーミングアーツに関わる映像全般を手がける。特に体験型・回遊型・ツアー型など特殊な環境での撮影が求められる作品や、劇場外での作品を多く手がけ、演出意図を汲んだ柔軟なディレクションが得意。
主な映像プラン作品に、範宙遊泳『その夜と友達』、F/T16 ドキュントメント『となり街の知らない踊り子』、NISSAY OPERA 2015『ドン・ジョバンニ』、チェルフィッチュ『わたしは彼女に何もしてあげられない』、マームとジプシー×急な坂スタジオ『歩行と移動』、F/T13『光のない。(プロローグ?)』(小沢剛演出)、あいちトリエンナーレ2013『ほうほう堂@おつかい』、『鑑賞者』(小野寺修二演出)、『ほうほう堂@緑のアルテリオ』、チェルフィッチュ『ゾウガメのソニックライフ』(岡田利規演出)、『長短調 または眺め身近め』(中野成樹演出)、『アトミック・サバイバー』(阿部初美演出)など。
映像監督作品に岡田利規『God Blesse Baseball』、チェルフィッチュ『地面と床』DVD、チェルフィッチュ『現在地』DVD、『ほうほう堂@留守番』DVD。
東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科卒、在学中に安宅賞受賞、音楽研究科芸術環境創造専攻修士課程卒。
愛知大学非常勤講師。
2013〜2015年度『長島確のつくりかた研究所』研究主任。

CATEGORY

Player

制作、記録/アーカイブ