tarl

LATEST│2022.06.17
滝沢達史

美術家

山に登る、子どもと遊ぶ、快適を求む美術家。子どもの学び場「ホハル」代表。教育や社会問題にアートの手法で関わりながら、時代を面白く越える表現について探求している。2018年、西日本豪雨で水没した「ホハル」(真備町)をわずか1ヶ月で再開。ひきこもりやLGBTQの若者との居場所づくり「まちのほけんしつ」(アーツ前橋-表現の森)や、町を図工室と見立てた架空の学校「カマクラ図工室」など、従来の枠を超えるユニークな活動を展開している。

CATEGORY

創作/表現、拠点運営