現在位置

  1. ホーム
  2. /
  3. 資料室
  4. /
  5. としまアートステーションZのつくりかた

としまアートステーションZのつくりかた

アートを生み出すささやかな営み「アートステーション」をまちなかに出現させながら、多様な人々による、地域資源を活用した主体的なアート活動の展開を目指したプロジェクト。「としまアートステーションZ」(2014~2016年度)を舞台に、事務局スタッフ、アーティスト、プロジェクトメンバーの「オノコラー」 、そして、来場者とともに行ってきた日々の実践の記録です。多様な人が集まり、その交わりから新たな活動が生まれる場をつくるための心がけや工夫についてまとめています。

目次

「考える」編
 1.としまアートステーション構想とは
 2.この冊子について
 3.としまアートステーションZとは
 4.Zはこんな場所であってほしい
 5.そのために何が必要か
「つくる」編
 1.セルフカフェ・情報発信
 2.作業日
  2-1.作業日
  2-2.作業グループ
 3.アーティストによるプロジェクト 「EAT&ART TAROプロジェクト」
「残す」編
 1.記録と評価の目的
 2.記録と評価の方法
「まとめ」編
 1.としまアートステーションZのつくりかた
 2.作業日サポートガイドライン
 3.スタッフの声(座談会)
付録 資料編
 1.来場者一覧とアンケートの分析
 2.オープン日、作業日、「EAT&ART TARO プロジェクト」実施日一覧

クレジット

監修

佐藤慎也

編集・執筆

石幡愛冠那菜奈池田あゆみ内野孝太神田亜利紗

写真

としまアートステーション構想事務局矢部朱希子

デザイン

進士遙

発行

としまアートステーション構想事務局

SHARE