tarl

東京スープとブランケット紀行『青ヶ島』

発行日│2015.03.08

演出家・劇作家の羊屋白玉を中心に、生活圏に起こるものごとの「終焉」と「起源」、そして、それらの間を追求するアートプログラム。青ヶ島で暮らす方との対談や、活動を振り返るトークイベントの様子などを記録しています。

目次

青ヶ島ブランケットに包まれて
荒井智史と羊屋白玉 2015年 新春対談
対談紀行2014秋編
東京スープとブランケット紀行とは

発行|東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)
監修|羊屋白玉
挿絵と題字|小林エリカ
編集|伊藤馨、宮原清美
デザイン|草梛亮
写真|東京スープとブランケット紀行事務局、Bozzo、Sakiko Nomura、Kasane Nogawa、杉田協士
印刷|グラフィック

※本書は、東京アートポイント計画「東京スープとブランケット紀行」(2014~2017年度)の一環として制作されました。