現在位置

  1. ホーム
  2. /
  3. ひとびと
  4. /
  5. 上田假奈代

上田假奈代

うえだ・かなよ

詩人/詩業家/NPO法人こえとことばとこころの部屋〔ココルーム〕代表

2017.04.07

上田假奈代の写真

撮影: Ikuro Suzuki

1969年生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。1992年から詩のワークショップを手がける。2001年「詩業家宣言」を行い、さまざまなワークショップメソッドを開発し、全国で活動。2003年ココルームを立ち上げ“表現と自律と仕事と社会”をテーマに社会と表現のかかわりを探り、2008年から西成区(通称・釜ヶ崎)で喫茶店のふりをしている。ヨコハマトリエンナーレ2014に釜ヶ崎芸術大学として参加。詩写真集『うた』(Wall、2006年)、共著『こころのたねとして〜記憶と社会をつなぐアートプロジェクト』(こえとことばとこころの部屋、2008年)など。大阪市立大学都市研究プラザ研究員。2014年度文化庁芸術選奨文部科学大臣(芸術振興)新人賞。