現在位置

  1. ホーム
  2. /
  3. プロジェクト
  4. /
  5. 誰と暮らす? どう住まう? これからの「家族」のカタチを考える

誰と暮らす? どう住まう? これからの「家族」のカタチを考える

iwasawa_kazoku

岩沢兄弟note 「家族写真」からはじめる「家族」の話より(撮影:ただ[ゆかい])

住まいの空間や暮らしの仕組みをデザインして、家族を「ひらく」

月日を重ねるごとに、家族と「わたし」の関係性も、生じる問題も変わります。さらに家族を取り巻く社会すらも刻一刻と変わっていくなかで、自分たちなりの「家族のカタチ」を探ろうとするとき、どのような家のあり方や地域コミュニティとのかかわり方があるでしょうか。

あらためて「家族」を「一つの共同体」として捉え直そうとすることで、多くの人にとって自分ごとになっていく(あるいは、なっている)育児や介護に、例えば、家族のなかに「他者」を介入させるような、新しい視点を得られるのではないかと考えています。

今回のゲストは、自らの家族に生じた育児・介護の課題から端を発し、兵庫県新長田で介護サービス付きシェアハウス「はっぴーの家ろっけん」を運営する首藤義敬さん。そして、人々がゆるやかにつながる空間づくりを手がけ、プライベートでもその視点をいかして家族関係を編み直しているいわさわたかしさんです。「家族のカタチ」という、答えのない状況に向き合うお二人の思考と実践について、アートプロジェクトにおけるコミュニティや拠点形成のあり方と重ねながら話を伺います。

詳細

会場

ROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14-302[3331 Arts Chiyoda 3F])

参加費

無料

開催方法
対面
形式
トーク
期間
2020年2月5日(水)19:00~21:00
参加者数
25名

開催年度

キーワード

レポート

SHARE