tarl

The House of Atreus, Sumida-ku,Tokyo

発行日│2012.03.30

「墨東(ぼくとう)エリア」のまちなかを舞台として開催された「墨東まち見世2010」にて、このエリアにかつてのギリシャ悲劇の一家「アトレウス家」が住んでいたという設定で展開した演劇プロジェクト。東日本大震災により中止となってしまった「Part 3×4」を除く、「Part 1」と「Part 2」の記録の断片がまとめられています。

編集|長島確
写真|冨田了平
デザイン|福岡泰隆
発行|東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)

※本書は、東京アートポイント計画「アトレウス家シリーズ」(2010~2012年度)の一環として制作されました。