tarl

五十嵐靖晃「そらあみ -三宅島-」帰島式

発行日│2014.03.31

《そらあみ》は、アーティストの五十嵐靖晃によるプロジェクトで、参加者とともに空に向かって漁網を編み、人をつなぎ、記憶をつなぎ、完成した網の目を通して土地の風景を捉え直します。「そらあみ -三宅島-」帰島式では、三宅島大学にはじまり、その後、京都府舞鶴や宮城県塩竈、瀬戸内海に浮かぶ塩飽諸島など日本各地で創作された《そらあみ》を三宅島に集結させ、一枚の大きな網へとつなぎ合わせました。これは、その記録として制作されたリーフレットです。

編集|五十嵐靖晃(アーティスト)、上地里佳(三宅島大学マネージャー)、吉田武司(三宅島大学プロジェクト実行委員会 事務局)、大内伸輔(東京アートポイント計画 プログラムオフィサー)、長尾聡子(東京アートポイント計画 プログラムオフィサー)
デザイン|濱祐斗、山口真生(濱祐斗デザイン事務所)
発行|東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)