tarl

潮目のまちから―文化政策の可能性と、いわきの多様性

発行日│2017.03.23

福島藝術計画 × Art Support Tohoku-Tokyoで実施した、文化政策について考えるプログラム「マナビバ。」の2016年度の取り組みをまとめた冊子です。講演、シンポジウムなどの記録をし収録したほか、いわきで文化に関わる方々へのインタビュー記事なども掲載しました。

目次
Chapter 1
文化の対象はどこまで広がっているのか?
Chapter 2
地域の多様性を大切にするには?
Chapter 3
なぜ文化に政策が必要なのか
ineterview
潮目のまちから、文化を考える
行政と民間に必要な文化政策の「対峙」
おわりに

制作|特定非営利法人Wunder ground
文章|小松理虔(ヘキレキ舎)
反訳|藤原旅人
写真|小松理虔(ヘキレキ舎)、特定非営利法人Wunder ground、一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー
デザイン|藤城光
発行|福島県、東京都、アーツカウンシル東京(特定非営利活動法人東京都歴史文化財団)、特定非営利法人Wunder ground