tarl

阿部初美「としまで子育て 子育てを考えるワークショップ」ドキュメント 子育てをめぐるタテの対話

発行日│2013.03.28

この冊子は、豊島区を舞台に展開した文化事業「としまアートステーション構想」のアートプロジェクトとして実施された、演出家・阿部初美さんによる「としまで子育て 子育てを考えるワークショップ」のドキュメントです。「としまアートステーション構想」の考え方に共鳴した阿部初美さんを迎え、様々な世代の参加者と、地域や社会のなかにおける社会的課題「子育て」について考えるワークショップをおこないました。演劇的手法を用いて、参加者とともに子育てを考え、最後には、映像インタビューやリーディングを交えた発表会を開催しました。

目次

はじめに
ワークショップ
 ワークショップについて
 テーマ1 子育てについて考えていることを話す
 テーマ2 本を紹介する
 テーマ3 子どもを感じる
 20代の意見「結婚や子育ては考えられない」
 テーマ4 子どもの頃の一番古い記憶を思い出す

発表会 ランチ de ディスカッション
 発表会について
 第一部 それぞれの生き方
 第二部 その選択の背景にあるもの
 ディスカッション
 リーディング

参加者の声
 「子どもを持つっていいな」と思えるようになりました 池上綾乃
 ワークショップの持つ力 蓮池奈緒子
 自己実現的な社会への疑問 森隆一郎
 世代間の差の大きさを実感 石川佳代
『子育てをめぐるタテの対話』ができるまで 阿部初美(演出家)
ワークショップという名の演劇作品 佐藤慎也(としまアートステーション構想ディレクター)
基本データ

監修|佐藤慎也
編集|としまアートステーション構想事務局
写真|としまアートステーション構想事務局
アートディレクション|三宅理子
印刷|シナノ印刷
発行|としまアートステーション構想事務局

※本書は、東京アートポイント計画「としまアートステーション構想」(2010~2016年度)の一環として制作されました。