tarl

YATOの絵本

発行日│2022.03.21

500年のcommon を考えるプロジェクト「YATO」は、「すべて子ども中心」を理念とする『しぜんの国保育園』や東向山簗田寺を取り巻く町田市忠生地域の里山一帯を舞台に、地域について学びながら、500年後に続く人と場の在り方(=common)を考えるアートプロジェクトです。
本書は、YATOで大切にしていることやその活動イメージを、小学生のこどもたちにも思い描いてもらえるように、YATOの活動で生まれたキャラクターや地域リサーチで学んだ年中行事などを絵本にまとめたものです。
こどもから大人まで、「YATOの絵本」を手に取った方が、YATOが目指す「500年続くお祭り」を、一緒につくっていく仲間になってくれることを願っています。


こもれびに集う人と人 谷あいに響く声と声 土地の自然を体に感じ、文化を未来に手渡していく遠い昔から形づくられてきた谷戸の地で、500年続くお祭りが新たにはじまります。(本書より)

目次

YATO図鑑
YATOの年中行事
YATOのあゆみ

絵|上島足日
文|齋藤美和
デザイン|根岸篤男、小林忠浩
編集|齋藤美和、齋藤紘良、安永哲郎
進行|宮崎由子
制作|500年のcommonを考えるプロジェクト「YATO」
発行|公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京