tarl

「日本型アートプロジェクトの歴史と現在 1990年→2012年」補遺

発行日│2015.11.09

『日本型アートプロジェクトの歴史と現在 1990年→2012年』(2013)のダイジェストに加え、新たに書き下ろした2編の補遺を収録しています。

『日本型アートプロジェクトの歴史と現在 1990年→2012年』のエッセンスを海外に向けて紹介することを目指し、英訳本“An Overview of Art Projects in Japan: A Society That Co-Creates with Art”が2015年11月に発行されました。本書は、その英訳本の基となった日本語原稿に、やや加筆修正を行ったものです。
 

目次

 
-はじめに
 
– アートプロジェクトとは何か?:その歴史と地域との関係性
 熊倉純子・長津結一郎
 
  「アートプロジェクト」とは
   アートプロジェクト誕生の背景
   地域型アートプロジェクト
 
 コラム①:データで見る大型芸術祭
 
– ケーススタディ:『日本型アートプロジェクトの歴史と現在 1990年→2012年』の概要から
 アートプロジェクト研究会・編
 
   大学×アートプロジェクト:現場型教育と地域の拠点としての役割
   オルタナティブな場×アートプロジェクト:持続可能なスキームに向けた新展開
   美術館×アートプロジェクト:美術館がまちに仕掛けるアートプロジェクト
   まちづくり×アートプロジェクト:まちへのアプローチとその関係づくり
   スタッフ×アートプロジェクト:地域型アートプロジェクトを支えるスタッフたちの横顔
   社会×アートプロジェクト:表現活動と社会が抱える課題の接近
   企業×アートプロジェクト:企業がアートプロジェクトを支援する理由
   アーティスト×アートプロジェクト:過疎地における大型フェスティバルの可能性
   3.11以後:被災地に向き合うアートプロジェクト
 
 
– アートプロジェクトの美的・社会的価値についての考察
 熊倉純子
 
   作品という規範からの逸脱
      署名性への疑問
      才能(talent)から共創(co-creation)へ
   日本のアートプロジェクト研究の潮流と文化的背景
      社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)
      民俗学的な視点
   アートプロジェクトを誰が批評するのか
      そもそもアートプロジェクトに批評は可能か?
      主体的な市民の社会
 
 コラム②: 共創的プロジェクト事例1——北澤潤「サンセルフホテル」
 コラム③: 共創的プロジェクト事例2——藤浩志「かえっこバザール」
 コラム④: 社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)

 コラム⑤: 限界芸術とアートプロジェクト
 
– 特別寄稿「アートプロジェクト:日本の現代アートにおける新たな公共性の文脈」
 ジャスティン・ジェスティ

編著|熊倉純子 長津結一郎 アートプロジェクト研究会
特別寄稿|ジャスティン・ジェスティ
編集・翻訳|田村かのこ・相磯展子・海老原周子(Art Translators Collective)
デザイン|宮外麻周(m-nina)
校正|佐藤恵美
プロジェクト管理|坂本有理(アーツカウンシル東京)
企画制作|アートプロジェクト研究会 artprojectlaboratory@gmail.com
発行|アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)