tarl

10年を伝えるための101日 「東京アートポイント計画 ことばと本の展覧会」ドキュメントレポート

発行日│2019.09.25

都内47団体と38件のプロジェクトを実施してきた「東京アートポイント計画」事業の10周年企画、「東京アートポイント計画 ことばと本の展覧会」。2019年3月2日〜18日の17日間、ROOM302(3331 Arts Chiyoda 3階)で開催しました。本書は、企画の立ち上がりからその実施に至るまでの試行錯誤を、企画の統括をしたプログラムオフィサーの視点でまとめています。


※本書について、ニュース記事でも詳しくご紹介しています。
≪紹介記事はこちら≫


*「東京アートポイント計画」事業の10年の取り組みをまとめた書籍も販売中です*
『これからの文化を「10年単位」で語るために ― 東京アートポイント計画 2009-2018 ―』

目次

10年を伝えるための101日
DAY1 2018.12.11 いきなり決まった展覧会企画
DAY4 2018.12.14 最初の仲間は建築家
DAY15 2018.12.25 200冊の本だけで伝わる?
DAY39 2019.1.18 次の仲間はデザイナー
DAY43 2019.1.22 要素はことばと本と写真
DAY44 2019.1.23 最後の仲間はコミュニケーションプランナー
DAY51 2019.1.30 写真の立ち位置
DAY53 2019.2.1 10年本の進行がやばい
DAY57 2019.2.5 ディレクターからの中間試験
DAY59 2019.2.7 10年のことばを絞る
DAY64 2019.2.12 アートを表す25節
DAY67 2019.2.15 実寸大のスタディ
DAY70 2019.2.18 HDDの大海原を捜索!
DAY74 2019.2.22 施工のはじまり
DAY81 2019.3.1 居やすい空間か?
DAY81 2019.3.1 仕上げに本を置く
DAY82 2019.3.2 オープン15分前の完成
DAY84 2019.3.4 10年のことばを背負う
DAY90 2019.3.10 200冊がつないでくれる
DAY98 2019.3.18 再会の機会
DAY101 2019.3.21 プロジェクトは、終わる
文化を織りなしていく営み

執筆|大内伸輔(アーツカウンシル東京)
編集・構成|中田一会(きてん企画室)
デザイン|福岡泰隆
写真|高岡弘
監修|森司(アーツカウンシル東京)
発行|公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京