tarl

happening.|東京プロジェクトスタディ1 わたしの、あなたの、関わりをほぐす~共在・共創する新たな身体と思考を拓く~

発行日│2022.03.23

「スタディ1 |わたしの、あなたの、関わりをほぐす〜共在・共創する新たな身体と思考を拓く〜」は、誰もが誰かの翻訳者であることを前提としながら、自分と異なる認識世界を持つ他者と共在・共創するコミュニケーションについて再考したプログラムです。
身体性や感覚が異なる者同士が意思を伝えあおうとして生まれた視覚身体言語(手話)、感覚をつなぐ伝達方法としての触手話、点字や手書き文字、音声ガイドなどの多様なコミュニケーションを起点に、一人ひとりの身体と記憶、ことばと感覚にまつわるディスカッションやワークショップ、リサーチを重ねました。
本書は、そのスタディ1で生まれた実験や実践を紹介し、読者と新たなコミュニケーションを生むための冊子です。


視覚によらない ひとめぼれについて 考えてみよう
(本書より)

目次

<身体と思考をほぐす世界の捉え方>Workshop
<感覚や発見を書き記す>Recording notes
<新しいコミュニケーションの回路をつくる>happening

著者|阿部健一、伊藤悠希、岡村成美、大迫健司、大塚拓海、木村和博齋藤優衣、塙佑梨、田中有加莉、二瓶雄太、波多野彩姫、水野渚、山田裕子、柳原実和、嘉原妙和田夏実
編集|和田夏実、岡村成美、阿部健一、嘉原妙
デザイン|根岸桃子
写真|塚本倫子、Takuto Ohta
印刷・製本|株式会社ショウエイ
発行|公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京