tarl

LATEST│2022.06.01
港千尋

写真家/著述家/NPO法人Art Bridge Institute代表理事

多摩美術大学情報デザイン学科教授 イメージの発生と記憶などをテーマに制作、著述、キュレーションと広範な活動をつづけている。ヴェネチア・ビエンナーレ日本館コミッショナー、あいちトリエンナーレ2016芸術監督などを歴任。著書に『革命のつくり方』(インスクリプト)『言葉の宇宙船』(芹沢高志との共著 ABI+ P3パブリッシング) 『インフラグラム』(講談社選書メチエ)など多数。『風景論ー変貌する地球と日本の記憶』(中央公論新社)で2019年度日本写真協会賞受賞。最新刊に『写真論』(中央公論新社)『武満徹、世界の・札幌の』(共著インスクリプト)、写真集の近刊に『Across The Waters』(ABI+ P3パブリッシング 2022年)などがある。

CATEGORY

ディレクション、創作/表現、記録/アーカイブ