tarl

Art Archive Online(AAO)クロストーク(全3回)

  • 期間│2021年12月~2022年1月
  • 主催│公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
  • 企画運営│NPO法人 アート&ソサイエティ研究センター

受付終了

概要

2010年度からアーツカウンシル東京(開始時は東京文化発信プロジェクト室との共催)とNPO法人アート&ソサイエティ研究センターが共同で始めたアーカイブセンターでの資料収集活動は、2020年度に11年目を迎えました。初期から展開された人材育成のレクチャー&ワークショップやプロジェクトの現場でのアーカイブ構築を通じて、さまざまな実践者の方々をゲストとして招き意見交換を重ねてきました。

今年度は、アーカイブ構築を継続してきたゲストをお招きし、活動について伺うクロストークを開催します。この対話の場では、ゲストの皆さんから現在のアーカイブ活動を中心にご紹介いただきます。それぞれの活動で実践する具体的な工夫や課題点、またアーカイブに対する考えについてお話を聞きながら、参加者からの質問も交えて意見交換をしていきます。

10年の年月を重ね、当初より議論してきたプロジェクト型アートをいかにアーカイブしていくかという課題は、テクノロジーの発展や表現の多様化に伴ってますます深まってきました。社会のさまざまな場面でもアーカイブの重要性や課題は広く認知されるようになったなか、次の10年に向けてアートの現場におけるアーカイブ活動の可能性をともに考えます。

★実施ラインナップ(予定)
2021年11月下旬公開予定 AAOクロストーク vol.0 川俣正 特別インタビュー
2021年12月2日(木) AAOクロストーク vol.1 プロジェクトとしてアーカイブする/される。 「日比野克彦を保存する」から見えてきたこと
2022年1月中旬(予定) AAOクロストーク vol.2 
2022年1月下旬(予定) AAOクロストーク vol.3

—–
※本企画は、2020年度に実施した「アート・アーカイブ・オンライン(AAO)」を展開し、実施しています。「アート・アーカイブ・オンライン(AAO)」では、アートプロジェクトのアーカイブにおける課題や現状についての調査や、アーカイブのノウハウや活用方法をまとめた映像コンテンツの開発に取り組んでいます。