tarl

思考と技術と対話の学校 基礎プログラム2 [技術編] 2016 アートプロジェクトの現場で使える27の技術

発行日│2017.03.23

「思考と技術と対話の学校 基礎プログラム2「技術編」」の授業をもとに制作した一冊。授業の企画運営を担うスクールマネージャーが、ゲスト講師によるレクチャーや演習、グループワークのなかから「アートプロジェクト運営の技術」として捉えた27の技術を収録しています。

目次

-アートプロジェクト運営をより豊かにするための「技術」
-まえがき
-chapter1 はじめる
01 自分の現在地をつかむ
02 自身の立ち位置を把握する
03 チームをつくる
04 会議を設計する
05 コンセプトを立てる、タイトルをつける
06 チームでアイデアを膨らませる
07 メンバー同士の共通言語を獲得する
-chapter2 うごかす
08 リサーチから企画を深める
09 伝わる企画書を書く
10 資金を集める
11 助成金の申請書を作成する
12 プロジェクトをプレゼンする
13 1分で活動を伝える
14 プロジェクトを形に落とし込む
15 クリエイティブな広報計画を立てる
-chapter3 ふかめる
16 受信力を高める
17 ことばを磨く
18 聞く力を磨く
19 論理的思考を鍛える
20 多様なままを受け入れる場づくり
21 地域の場をつくる
22 コミュニティをつくる
-chapter4 のこす
23 評価検証につながる記録を残す
24 活動を未来へ残す
25 日々の活動を記録する
26 映像を依頼する
27 ドキュメントを編集する
-付録 ワークシート
-Special Lecture アートプロジェクトの続け方と終わり方 芹沢高志
-Student’s Episode
-2016年度 思考と技術と対話の学校 基礎プログラム2〔技術編〕 講座一覧
-ゲスト講師プロフィール
-著者プロフィール
-あとがき

著者|坂本有理、坂田太郎、及位友美
編集|佐藤恵美
装丁・デザイン|山田知子[chichols]
イラストレーション|中尾悠[ultralight]
漫画|ふるやまなつみ
特別協力|石幡愛、菊池宏子、芹沢高志、多田智美、長島確、中田一会、西村佳哲、松尾真由子、一般社団法人谷中のおかって、山城大督、吉澤弥生、四元朝子、若林朋子
印刷|株式会社山田写真製版所
発行|アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)