tarl

JOURNAL1 東京迂回路研究

発行日│2015.03.15

社会における人々の「多様性」(diversity)と「境界」(division)に関する諸問題に対し、フィールド調査とその報告から生まれる対話を通じて、“生き抜くための技法”としての「迂回路」(diversion)の研究を行うプロジェクト。本冊子は、「迂回路」をめぐる旅路で出会い、対話し、考え、見出したことを表すことを目的に制作した記録集の第1巻です。

東京迂回路研究 撮影/齋藤陽道
はじめに
研究デザイン 「迂回路」をさぐる方法―「対話型実践研究」にたどり着くまで 三宅博子、井尻貴子、長津結一郎
事例研究 もやもやフィールドワーク 調査編・報告と対話編
論考01 「境界」とそこにある表現―精神障害と表現をめぐる2つの実践から/長津結一郎
コラム01 精神障害者を巡る個―集団―社会関係のほんのさわり/戸島大樹
論考02 「家族」の多様性と境界―乳児院とLGBTの里親支援の現場から/三宅博子
コラム02 「多様性と境界」、そして「迂回路」―LGBT里親の壁/藤めぐみ
論考03 「場」をめぐる「境界」―2つの居場所から見えるもの/長津結一郎、三宅博子
コラム03 ひとりぼっちたちの居場所/加藤正裕
エッセイ トークシリーズ「迂回路をさぐる」から/井尻貴子
あとがき
巻末資料 「東京迂回路研究」平成26年度実施事業
附録 「東京迂回路会議―多様性と境界をめぐって」録
共有空間の開発―小っちゃな火を囲むプロジェクト、対話工房などから/小山田徹
暴力のあとを共に生きるために―out of frameのささやかな試み/坂上香
場を作る―カプカプの実践を通して/鈴木励滋
ディスカッション 「多様性と境界をめぐって」

監修| 多様性と境界に関する対話と表現の研究所
執筆|長津結一郎、井尻貴子、三宅博子
編集|井尻貴子
協力|鈴木裕仁、松尾香織、若生帆波
撮影|齋藤陽道(P.1~P.9 )、冨田了平(P.72~P.78) 
装幀|吉村雄大(スタジオ・プントビルゴラ)
印刷|株式会社 シナノパブリッシングプレス
発行|東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)