tarl

2022
プラクティス:手話と出会う。[オンライン講座(全5回)]

7月下旬 申込開始予定

映像プログラム|手話と出会うアートプロジェクトの担い手のための手話講座」を教材に、手話でのコミュニケーションの基礎を学ぶオンライン講座です。
映像教材での個人学習を復習しながら、講師と受講生がオンライン上に集まって手話での会話や、ろう者と聴者のコミュニケーションの違いなど、ろう文化にも触れながら学習します。

※受講生はあらかじめ映像教材をご覧いただき、学習の準備をした上でご参加ください。
※オンライン講座の記録映像は、受講生のみを対象に期間限定で復習用映像教材として共有を予定しています。

>シリーズ「アートプロジェクトの担い手のための手話講座」についてはこちらから。

基本情報

開催日

① 9/1(木)20:00〜21:30
「手話の基礎表現を学ぼう」 :自己紹介、時間・数字の表現、度合い(強弱の表現)について

② 9/8(木)20:00〜21:30
「自分のことを伝えてみよう」 :NMM(非手指要素)、趣味・嗜好、YES/NOについて

③ 9/15(木)20:00〜21:30
「仕事のことを伝えてみよう」 :職業・役割の表現、受付窓口の対応(買う/売る)について

④ 9/22(木)20:00〜21:30
「CL表現を学ぼう」 :目で見たままを伝える、さまざまなCL表現について

⑤ 9/29(木)20:00〜21:30
「間違いやすいポイントを知ろう」 :間違いやすい手指の形、手話とTPO、ろう者と聴者のコミュニケーションの違いについて

会場

オンライン(Zoomを予定)

参加費

7,500円 (全5回)

定員

10名程度 (先着順)

対象

・映像プログラムで学んだ手話を使って、手話での会話を練習したい人
・ろう文化を知り、基本的な手話での会話ができるようになりたい人。
・手話やろう文化の知識を、受付や広報などのアートプロジェクトの運営に活かしたい人。

申込方法

特設フォーム(BASE)から申込み ※7月下旬受付開始予定

注意事項

※日程、内容は変更となる場合があります。
※入金後、参加キャンセルによる返金には応じられません。
※お預かりした個人情報は、本事業の運営及びお知らせのみに使用します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じて実施します。
※実施中の写真や映像、レポート等の記録は、本事業の運営・広報等に使用いたします。