tarl

思考と技術と対話の学校 2017アニュアルレポート

発行日│2018.03.23

アートプロジェクトを「紡ぐ力」と「動かす力」を身体化するためのスクールプログラム「言葉を紡ぐ」「体験を紡ぐ」「技術を深める」「アートプロジェクトの今を共有する」の内容をまとめた記録集です。

目次

-「紡ぐ人」になる 森司
-「思考と技術と対話の学校」とは
-アートプロジェクトを紡ぐためのアプローチ
-2017年度実施概要
-言葉を紡ぐ
-講座の流れ
-受講生インタビュー
-体験を紡ぐ
-講座の流れ
-受講生インタビュー
-技術を深める
-アートプロジェクトの今を共有する
-紡ぐことへの挑戦 坂本有理
-プロフィール一覧
-Tokyo Art Research Lab(TARL)とは

監修|森司[アーツカウンシル東京]
執筆|坂本有理[アーツカウンシル東京]、阿比留ひろみ、猪股春香、坂田太郎、関川歩、野崎美樹、及位友美、橋本誠[一般社団法人ノマドプロダクション]
編集|一般社団法人ノマドプロダクション
アートディレクション・デザイン|中北隆介[ツバメヤ合同会社]
イラスト|芦野公平
表紙デザイン|福岡泰隆
写真|加藤健、加藤甫、川瀬一絵
印刷|株式会社山田写真製版所
発行|アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)