tarl

2021
ディスカッション|災間の社会を生きる術(すべ/アート)を探る(全6回)

受付終了

災害復興へのいくつもの「かかわり」から

地球規模の気候変動の影響から、近年では国内各地で大小さまざまな災害が頻発しています。それぞれの地域の歴史を紐解けば、何らかの災禍の経験があることでしょう。そして、2020年初頭から日本国内でも新型コロナウイルスの感染拡大がはじまり、現在は世界的な災禍の渦中にあります。

災間の社会――すなわち、異なる災禍の「間」に生きるいま、誰もが災禍の当事者になりうるといえます。それと同様に誰もが何らかのかたちで支援者となりうることもあるでしょう。そのとき、わたしたちには、どのような「かかわり」がありうるのでしょうか? 

このディスカッションシリーズでは、災害復興の現場に多様なかかわりかたをしてきたゲストに話を伺います。災禍の現場に立つには、いったい、どんな態度や技術、方法がありうるのか? ナビゲーターとの議論を通して、「災間の社会を生きる術」について考えてみませんか?

>ナビゲーターメッセージ(宮本匠)

>ナビゲーターメッセージ(高森順子)

>ナビゲーターメッセージ(佐藤李青)


関連記事を以下のリンク先でお読みいただけます。
「アートによる被災地支援の役割と可能性—Art Support Tohoku-Tokyoの10年をふりかえる」


画像:熊本県八代市坂本町の坂本橋の写真。豪雨にて流失(撮影年月日不明/撮影:東儀一郎)。水損の激しかった35mmカラーフィルムのデジタルデータより(『令和2年7月豪雨REBORNプロジェクト』)。

基本情報

日程

2021年7月31日(土)、8月21日(土)、9月 25日(土)、10月9日(土)、10月30日(土)、12月4日(土)(全6回)

時間

14:00〜17:00(各回3時間)

参加費/定員

6,000円(全回通し・資料代・郵送代込)/30名(先着順)

対象

・ 災害という視点から文化事業のかかわりを考えたい人
・ 災害復興の現場に関心がある人

受講形式

オンライン
※ 参加者には事前にZoomのURLをお送りします(当日はチャット機能等を使います)。
※ アーカイブ映像の一般公開は予定しておりません(後日レポート公開予定)。

申込方法

お申し込みの受付は終了いたしました。

申込〆切

2021年7月28日(水)17:00まで
※ 入金期限は7月30日(金)16:00まで
※ 定員となり次第、受付を終了いたします。
※ お申し込み後、主催者より詳細の連絡をメールでお送りいたしますので、ご確認ください。

スケジュール

07.31
  • 14:00〜17:00
    第1回 イントロダクション
    災禍に、どうかかわるのか?― 外からかかわる、「ままならなさ」と向き合う

    ナビゲーターが携わった、東日本大震災の支援事業(Art Support Tohoku-Tokyo)と阪神・淡路大震災にかかわる記録の実践(阪神大震災を記録しつづける会)、中越地震や他の災害の現場にかかわる実践などから、今回のシリーズのねらいを共有します。

08.21
  • 14:00〜17:00
    第2回 ゲストトーク+ディスカッション
    どういう態度で、現場に立つのか?―「めざす」のか、「すごす」のか

    国内外の災害支援に携わってきた吉椿雅道さん(CODE海外災害援助市民センター事務局長)の経験を伺い、災禍の現場への入り方や向き合い方、続け方を議論します。

    話し手
    吉椿雅道
    聞き手
    宮本匠
09.25
  • 14:00〜17:00
    第3回 ゲストトーク+ディスカッション
    何からはじめるのか? どう続けるのか? ― 記録から表現に向かう道のりと変化

    東日本大震災直後から東北の地に通い、住み、人々の声を記録し、表現へと活動を展開してきたアーティストの瀬尾夏美さんの歩みをたどることから、災害が起こった場所での表現のありようを議論します。

    話し手
    瀬尾夏美
    聞き手
    佐藤李青
10.09
  • 14:00〜17:00
    第4回 ゲストトーク+ディスカッション
    出来事を伝えるためには、どうすればいいのだろうか? ― 経験を伝承するための方法

    阪神・淡路大震災の経験から学び、伝える活動を行う山住勝利さん(NPO法人ふたば/災害学習ラボ室長)の話を伺うことから、ある出来事の経験を継承し、伝えることについて議論します。

    話し手
    山住勝利
    聞き手
    高森順子
10.30
  • 14:00〜17:00
    第5回 ゲストトーク+ディスカッション
    アートは、災禍に、どうかかわるのか? ― 異なる災禍へのかかわりから

    ハンセン病療養所、熊本地震、令和2年7月豪雨、水俣へのかかわりなど、熊本市現代美術館は開館以来、さまざまな取り組みを行ってきました。同館学芸員の坂本顕子さんに話を伺うことから、アートの表現とそれを支える仕組みが、どう土地の災禍にかかわるのかを議論します。

    話し手
    坂本顕子
    聞き手
    佐藤李青
12.04
  • 14:00〜17:00
    第6回 ふりかえり
    災間の社会を生きる術とは何か?

    これまでの議論をナビゲーターとともに振り返り、参加者それぞれに「災間の社会を生きる術とは何か?」を考えてみる。

主催・お問い合わせ

主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

運営協力

認定NPO法人STスポット横浜

お問い合わせ

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
事業推進室事業調整課事業調整係 TARL事務局
TEL:03-6256-8435(平日10:00〜18:00)
E-mail:tarl@artscouncil-tokyo.jp